包茎についての説明

包茎についての説明

一般に包茎というと、男性としては少し恥ずかしいと感じるものです。しかし、実際に包茎とはどんな感じでどんな症状なのか、正確に知っている人はほとんどいないでしょう。ですから、まずは、自分が包茎だと思ったらどんな症状なのかという知識を持ち、治療を受けるべきなのかを、自分で判断することが必要なのです。
症状の一つとして、仮性包茎があります。これはふだんは皮をかぶっているが、勃起したときは簡単にむけている状態を言います。日本人の男性の包茎で最も多いのが、この仮性包茎でしょう。治療は必要でない場合がほとんどでしょう。亀頭包皮炎などの炎症を起こしやすいので、入浴時には皮をむいて、恥垢をよく洗い落とす必要があります。
次の症状として、嵌頓包茎(かんとん)が挙げられます。これは、勃起したときに無理やりむけた状態にはなりますが、亀頭の根元が少ししめつけられた感じです。嵌頓包茎は、亀頭の根元がどうしても、しめつけられることで、血液循環が起こります。包皮を無理にむいてしまうと、かわが、元の状態ににもどらなくなる場合もあります。そして亀頭にうっ血、むくみを起してしまい、皮膚がただれてしまい、痛みを伴うこともあります。ですからこの嵌頓包茎に当てはまると治療が必要です。
そして、一番ひどい状態の包茎には真性包茎があります。普段も勃起した場合、まったく皮をむくことができない状態です。亀頭が露出されることがないので、皮をむいて恥垢を洗い落とすことが無理でしょう。性交も難しい状態で、治療は必要でしょう。